ゲムフォレックスのゼロカットシステムは<span class="pt_splitter pt_splitter-1">トレーダーにもFX業者にもメリットが!</span>

ゲムフォレックスに限ったことではないのですが、海外FXにおいてはゼロカットシステムというものが採用されています。
このゼロカットシステムを理由に海外FXを選択する方も多いのですが、実はゼロカットシステムというのはトレーダーにとってもFX業者にとっても、双方にメリットがあるのです。
ここでは、そのメリットについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

そもそもゼロカットシステムとは?

まずは簡単にゼロカットシステムとは何ぞやというところから説明していきたいと思います。
FXトレードというのは常に利益を得られるとは限りません。
もちろん、利益を出し続けられるのであればそれが理想ではあるのですが、相場というのは水物ですからなかなか思い通りにはなりません。
そのため、利益を得られることもあれば、損失が出てしまうこともあります。
ただ、その損失というのもどれくらいの大きさになるのかはそのときになってみないとわかりません。
当然、思っている以上の損失、想定外のマイナスになってしまう可能性もあるわけです。
口座の残高がマイナスになってしまうこともあるでしょう。
口座の残高がマイナスになったとき、FX業者、つまり今回の場合にはゲムフォレックスが損失分を補填してくれます。
これがゼロカットシステムです。
トレーダーを守るための救済システムと言っていいでしょう。

トレーダーにとってのゼロカットシステムのメリット

では、ゼロカットシステムがどのようなものなのかを理解したところで、トレーダーにとってどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。
正直なところ、トレーダーにとってゼロカットシステムというのはメリットしかありません。

莫大な借金を背負うリスクを限りなく抑えられる

FXトレードというと莫大な借金を背負ってしまうイメージがあるという方も多いでしょう。
実際にFXトレードで失敗して、莫大な借金を背負ってしまう方もいます。
ただ、それはゼロカットシステムの採用されていないFX業者を選んでいるからです。
基本的にゼロカットシステムの採用されていないFX業者を選んでしまうと、追証と呼ばれるものが発生してしまいます。
追証というのは追加証拠金の略で、文字通り追加で必要になってくる証拠金のことです。
ゼロカットシステムの採用されていないFX業者だと追証が発生してしまい、口座のマイナス分をトレーダー自身がカバーしなければいけなくなります。
これがFXで莫大な借金を背負ってしまう仕組みです。
しかしながら、ゲムフォレックスのようにゼロカットシステムが採用されているFX業者であれば口座残高以上の損失はあり得ません。
もちろん、入金するためにばんばんクレジットカードをきっていると気づいたときにはすさまじい請求になっているといった可能性もあるのですが、少なくとも相場の変動によって出た莫大な損失で借金を背負うことはなくなります。

気持ちが楽になる

実際にFXトレードを始めてみるとよくわかるのですが、ゼロカットシステムが採用されていることによって口座残高以上のマイナスを背負うことがないという安心感が生まれます。
FXトレードは常にある程度の緊張感を持っておこなうべきものなのですが、だからといって「とんでもない借金を背負うかもしれない……」などと常に考えていると気が滅入ってしまってFXトレードどころではありません。
ゼロカットシステムが採用されていることによって、気持ちが楽になって、必要以上の緊張感やストレスといったものを抱えずに済むのです。
これもトレーダーにとっての大きなメリットです。

大胆なトレードにチャレンジできる

ゲムフォレックスのようにゼロカットシステムが採用されていると、トレーダーは思い切って大胆なトレードにチャレンジすることができます。
例えば、ハイリスクハイリターンのFXトレードというのは通常であれば多くのトレーダーが回避します。
なぜかというと、ロスカットやマイナス残高となってしまう可能性がとても高くなってくるからです。
ただ、ゼロカットシステムが採用されていると口座残高以上のマイナスを背負うことはありません。
失敗しても最悪、口座残高がゼロになるだけです。
そのため、普段では躊躇してしまうようなFXトレードでも思い切ってチャレンジできるようになるのです。
失敗する可能性もありますが、こういうFXトレードにチャレンジしたという経験もトレーダーにはプラスになります。

FX業者にとってのゼロカットシステムのメリット

先ではトレーダーにとってのゼロカットシステムのメリットについて触れましたが、次はFX業者にとってのメリット、つまりゲムフォレックスにとってのメリットについても見ていきましょう。
マイナス分を肩代わりするというデメリットばかりに目が行きがちですが、意外にもゲムフォレックス側にもゼロカットシステムを採用するメリットがあるのです。

ハイレバレッジでのFXトレードを促すことができる

ゲムフォレックスでは最大1000倍という圧倒的なハイレバレッジが用意されています。
レバレッジは資金効率を高めるためのものですが、同時にリスクも出てきます。
もしゼロカットシステムが採用されていない状態であれば、トレーダーは魅力的なハイレバレッジが用意されていてもハイレバレッジでのFXトレードにはチャレンジしていないでしょう。
ゲムフォレックスはゼロカットシステムを採用することによって、トレーダーにハイレバレッジなFXトレードをさせることができるのです。
トレーダーがFXトレードに積極的になれば、ゲムフォレックスにもたくさんの利益が入ってきます。
まさにWIN-WINなのです。

国内FXとの差別化を図れる

多くの日本人トレーダーを抱えているゲムフォレックスにとってライバルとなるのはXMなどの他の海外FXだけではありません。
日本の国内FXも当然ライバルとなってきます。
ゼロカットシステムの採用というのは、この国内FXとの差別化にもつながってくるのです。
なぜかというと、国内FXにはゼロカットシステムが採用されておらず、追証が発生するからです。
国内FXではなく、海外FXであるゲムフォレックスを選んでもらうためにゼロカットシステムを採用しているという部分もあるのです。

ゲムフォレックスでゼロカットシステムが発動されないケースとは?

ゲムフォレックスのゼロカットシステムは基本的にトレーダーの口座残高がマイナスになると自動的に発動します。
しかしながら、そんなゲムフォレックスでもゼロカットシステムが発動しないケースもあります。
具体的には以下のようなケースです。

ゼロカットシステムが発動しないケース
  • 他のポジションを保有している
  • ゲムフォレックス内の複数の口座間での両建てをした
  • ゲムフォレックスとXMなど他のFX業者間をまたいでの両建てをした
  • 仲間同士で示し合わせて両建てをした
  • 最初からゼロカットシステムをあてにした非常識なトレードをした

ゼロカットシステムというのは基本的にゲムフォレックスを含めてFX業者の良心のもとで成り立っているものです。
それを忘れないようにしておきましょう。